Macから同時に2つ以上の別々の音を出す(MacだけでDJする)方法

毎度チャレンジしては断念してましたが、ついにAirPods Proの登場により実用レベルになりました。

もともとMacは、Audio MIDI設定というところで「機器セットを作成」すると、例えばスピーカーにはMacの操作音、イヤフォン端子にはPremiereの音、BluetoothイヤフォンにはYouTubeの音、といった具合に音を振り分けられます。

これを逆手に取ると、イヤフォンを挿したままの状態で、スピーカーからも音を出せます。

機器セットの作り方次第で、同じ音も違う音も出せます。

DJ用にするためには、MasterをMacのスピーカーorイヤフォンジャックに設定、MonitorをAirPods Proに設定すれば、スピーカーで音楽を流しながら、イヤフォンで別の曲を聴けます。

これまでも別のBluetoothイヤフォンで試してましたが、レイテンシーが大きすぎて使い物になりませんでした。

それが、AirPods Proでのモニタリングだと、ほぼレイテンシーがなく、難なくDJできます。

これはかなり画期的です。

イベントなどでPCから音を出す場合など、DJ以外でもかなり使えるかと思います。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です